パンカーダはアンティーク家具ショップです。
by pancada
カテゴリ
全体
Antique Styling
リビング
ダイニング
サロン
ベッドルーム
和室
小物・雑貨
未分類
パンカーダ ホームページ


最新の記事
Antique Stylin..
at 2015-12-04 09:01
Vol.49 世界の果ての泉..
at 2015-12-04 09:00
Vol.48 午後のセレナー..
at 2015-01-20 16:38
Vol.47 英国紳士のこだ..
at 2014-10-10 15:46
Vol.46 母と娘と薔薇と..
at 2013-09-15 21:05
Vol.45 月夜のお茶をふ..
at 2013-09-15 21:04
Vol.44 思慮の為の薔薇..
at 2013-08-16 19:00
Vol.43 幸せをまたひと..
at 2012-06-12 15:18
Vol.42 Heavenl..
at 2012-06-11 13:53
Vol.41 自分の続き・・..
at 2012-06-10 13:47
Vol.40 大人の距離感・..
at 2010-09-16 23:30
Vol.39 約束の場所・・..
at 2010-09-16 23:28
Vol.38 時間旅行・・・..
at 2010-09-16 23:27
Vol.37 ワインの波紋・..
at 2010-09-16 23:26
Vol.36 贅沢な悩み・・..
at 2010-09-16 23:25
Vol.35 亜麻色の家族・..
at 2010-09-16 23:24
Vol.34 私の企み・・・..
at 2010-09-16 23:23
Vol.33 胡桃の木の上で..
at 2010-09-16 23:22
Vol.32 海と山とオーク..
at 2010-09-16 23:21
Vol.31 クランベリー色..
at 2010-09-16 23:20
以前の記事
2015年 12月
2015年 01月
2014年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2012年 06月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 09月 ( 40 )   > この月の画像一覧
Vol.40 大人の距離感・・・サロンスィートセット&ボウフロントキャビネット
彼女との出会いは知人の家

出来上がったばかりのその家は広大なリビングが自慢で
ダイニングテーブルやソファーセットのほかに
コーナーを活かしたサロンがあった。
d0166936_18531018.jpg

ホームパーティー好きの主人に半ば無理に誘われた日曜の午後

奥様ご自慢の料理がふるまわれ
空のワインボトルが増えてゆき
徐々に場が和んでくると

ひとり、ふたりと席を立って
ソファーで寛いだり、テラスへ出てみたり。
d0166936_18531187.jpg


そんな時にそのサロンコーナーは妙に人気があって
食後のブランデー片手に盛り上がる男達や
コーヒーとチョコレートを持ちこんで内緒話に興じる女性達で占められていた。
d0166936_18531087.jpg

ふと彼らがいなくなった瞬間に
同時に座ってしまった彼女と私。

お互いの口元には共犯者の苦笑い。

饒舌とはほど遠い二人。
でも、ぽつりぽつりとした会話でも
不思議と気詰まりにならなかったのは
その距離感のせいだろうか。

ダイニングのように間にテーブルがあるのではなく、
お互いの体温が感じられるような近さ。
d0166936_191985.jpg

それでいてそれぞれに占有する椅子があって
ソファほどくだけ過ぎず
あくまでも大人同士の距離感を保てるしつらい。

そんな場を見事に演出していたのが
英国アンティークのサロンセット。

合わせたワインテーブルも絶妙の大きさ。
d0166936_1853584.jpg

なるほど、これが「サロン」なのか。

人間関係のやり取りにはどうにも敵わないヨーロッパの伝統を感じた瞬間。
d0166936_1853999.jpg

傍らにはやはりアンティークのキャビネット。

それほど来客がない日には
キャビネットの両側にサイドチェアを置いておくらしい。

d0166936_1853654.jpg

私の傍らにはゆったりとしたアルトで語る女性。
d0166936_1853754.jpg

人との距離の取り方が少し苦手な私にも
彼女となら心地良い関係を築いていけるような、そんな予感がした。
[PR]
by pancada | 2010-09-16 23:30 | Antique Styling
Vol.39 約束の場所・・・カブリオレレッグホィールバックチェア&レザーフットスツール

祖父の大きな家はそれほど古くはなかったけれど
リビングには暖炉が設えてあった。
d0166936_1613993.jpg

前に置かれた赤い色のラグ。
アンティークのランプにネストテーブル。
そして、古い、木の椅子。
d0166936_161379.jpg

私は革張りの小さなスツールに腰かけて
古い椅子に腰かけた祖父に
本を読んでもらうのが大好きだった。
d0166936_16131145.jpg

がっしりた祖父の両足の間に身体をすっぽりと納めて。

家には見たこともない英語の本が沢山あって
祖父は始めに英語を声に出して読んでから
ゆっくりと日本語で話してくれた。
d0166936_1613122.jpg

まるでふたつのお話を一緒に聞いているような不思議な感じ。
映画にでてくる青い目の子供たちと体験を共有しているような高揚感。

そして本のお話とは別に
祖父はよくこんなことをつぶやいていた。

この椅子は私よりもずうっとずうっと年寄り。
それでもこうやって私を毎日支えてくれる。
ほら、さわってごらん。
この木は細く、永く、静かに生きてるんだよ。
d0166936_1613118.jpg

私の耳の一番奥にいまでも残る
暖炉のはぜる音と祖父の深いつぶやき。
そしてそれに応えるような、古い木の優しい質感。


祖父の、そのまた祖父の曽祖父が生きていた頃から
人々の暮らしに寄り添ってきた古い椅子。


今は私の暮らしに寄り添って
忠実な執事のように
毎日私を支えてくれている。
d0166936_1613898.jpg

将来家を建てたら必ず暖炉をつくろう。
そしてその前にこの椅子を置こう。

心の中でそっと約束した。
祖父と、この椅子に。
[PR]
by pancada | 2010-09-16 23:28 | Antique Styling
Vol.38 時間旅行・・・インレイドコーナーキャビネット& エッチンググラスシェード
大切なもの
大切な時間

橙色のエッジをもったアンティークのシェード
施されたエッチングはつる草のよう

灯された灯りはガラスのパターンに反射して
夕暮れになると白い壁に不思議な文様を描きだす
d0166936_16494339.jpg


カチン

と音がするスイッチをひねれば
廻りの空間が橙色の明りで浮かび上がる
d0166936_16494244.jpg

英国アンティークのコーナーキャビネット
可愛らしいリボンのパターンは
異なる色の木を嵌め込んだ象嵌細工
エレガントな佇まいのなかに
しっかりとした手仕事の伝統が息づいているよう
d0166936_16494314.jpg

美しい脚をもつ華奢なテーブルは
大切なひとへのメッセージを綴るために
こんな時代だからこそ
あえて紙にインクを染み込ませて
あの人の手が触れることを考えながらカードを選ぶ
d0166936_16494440.jpg


それはまるでちょっとした時間旅行

ひょっとして100年ほども昔
英国の1室でも同じように
このスタンドのスイッチをひねって
手紙を書こうとしたレディがいたのかもしれない
d0166936_16494521.jpg


ふと気が付けば周りは夜の帳が下りて

こんなことに想いをめぐらした自分が
ちょっと恥ずかしくて
ちょっと可愛かった
[PR]
by pancada | 2010-09-16 23:27 | Antique Styling
Vol.37 ワインの波紋・・・ツイストレッグネストテーブル&プランツスタンド
すっきりとしたモダンなリビング。
帰宅したあとはさっぱりと、ビール。

余計なものは置かないで、自分だけのミニマムな空間でこそ寛げる。
しばらく前までは、そう思っていた。

少しだけ、いや結構・・・強がっていたのかもしれない。

それはほんのはずみだった。
いつもの気の進まない仕事がらみの会食。相手の好みは赤ワイン。
d0166936_11394098.jpg

ひとつ違っていたのは
いままでは渋さしか感じなかった赤ワインの香りが
やけにふくよかに、魅力的に鼻孔から入り込んできたこと。

口に含めばそこから広がる香りの波紋。
いままでとはまるで違う飲み物のようだった。
d0166936_11393716.jpg

知らなかった広い世界の予感に、ぼうっとしながら帰る道。
目に留まったのはワイン色のラグ。そしてアンティークの家具。

ちょっとした判断力の欠如。
ランプもまとめての衝動買い。


いつものミニマムなリビングに置いてみれば
まさにワインが似合う空間になった・・・気がする。
d0166936_1139396.jpg

試しに彼女を招いてあのワインを開けた。
ネストテーブルを銘々の前に置いて。
d0166936_11394118.jpg

彼女の感想はここには記さないでおこう。


d0166936_1139385.jpg

ただ、自分だけのものだったミニマムなリビングは
来月からは彼女のものにもなる。

マキシマムな幸せと共に。
[PR]
by pancada | 2010-09-16 23:26 | Antique Styling
Vol.36 贅沢な悩み・・・マホガニーチェア&ヴィクトリアンゲームテーブル
ピアノとの最初の出会いは小学生の頃。
お友達がみんな習っているから、なんていう理由で通っていたピアノ教室。
子犬のワルツを弾けるかどうかくらいで辞めてしまったけれど。

子育てが一段落した頃に、また始めたんです。
・・・その時もお友達に誘われて、でしたけど。
d0166936_19535714.jpg

そんな感じなので、上達する、というよりは現状維持(笑)。
それでも続けてこれたのは、やっぱりピアノが好きだから・・・でしょうか?

下手は下手なりに、鍵盤を叩いていると夢中になれるんです。

奥さんやお母さんではなく、ひとりの人として何かに向き合ってる感じ?


自宅の改装を機にやっと手にいれたこの小さなピアノルームには
本当に好きなものだけを置きたいなあって・・・そう思いました。
d0166936_19535535.jpg

憧れのハーフムーンのコンソールテーブルは是非置きたい!
でもお友達がきてピアノ談義をしながらのお茶用にティーテーブルもほしい。
どうしようかなあ。

・・・そんな贅沢な悩みをつぶやいていた時、
このテーブルを勧められたのでした。
d0166936_19535541.jpg

美しい木目のマホガニー。
普段は壁につけてコンソールテーブルとして。
d0166936_19535555.jpg

引き出し式になっている後ろ脚をのばして
天板をぱたん、と広げれば、そこには円形のゲームテーブルが現れるのです。

フェルト貼りのテーブルでは
英国紳士がカード遊びに興じていたのでしょうか。
・・・英国のアンティークって面白い!
d0166936_19535614.jpg

私はベルベットのファブリックをテーブルクロスに、
トップクロスにはヴィクトリアンのレースを掛けて。
優雅なティーテーブルの出来上がり~。
d0166936_19535459.jpg

これ、コンソールにもなるのよって言った時の
お友達の驚く顔が目に浮かぶよう。


もちろん合わせるチェアもアンティーク。
d0166936_19535642.jpg

遥か長い椅子の歴史を感じさせる座り心地に
おしゃべりが更に弾みそうです。
[PR]
by pancada | 2010-09-16 23:25 | Antique Styling
Vol.35 亜麻色の家族・・・コーヒーテーブル&スモールキャビネット
広いリビングがある一戸建てに移ってから
うちは家族がふえました

生まれたてのトイプードルと
百年近くも過してきた英国のアンティーク家具

まったく違うけど
どちらも大切な新しい家族
d0166936_212843.jpg


大先輩の家具達の亜麻色は遥か昔の胡桃の木と
時を経たニスが生み出したキャンディ・カラー
d0166936_212852.jpg


世界が珍しくて仕方がない子犬は
ほわほわのモップみたいなキャラメル・カラー
d0166936_212912.jpg


どちらも心寛ぐ甘みのある薄茶色
亜麻色とでもいうのでしょうか
d0166936_212918.jpg



コーヒーテーブルの丸みのあるエッジ
スモールキャビネットの曲線を描くカブリオレレッグ
跳ねまわる小さな家族にとても優しくて
d0166936_2121066.jpg


まるで温かく見守ってくれているよう


ソファーに掛けた英国のプリント
花びらのようなアンティークのテーブルランプシェード
d0166936_2121053.jpg


私の大好きな花で溢れたリビングは
新しい家族を中心に
今日も花の様な笑顔で溢れています
d0166936_2121120.jpg

[PR]
by pancada | 2010-09-16 23:24 | Antique Styling
Vol.34 私の企み・・・マガジンラック
自分の家にある家具が
特別なものだと気付いたのはいつだったろうか。

曲線を描く脚をもったダイニングテーブル。
きれいな細い線がはいったサイドテーブル。
艶やかな木目、エッジの彫刻。
d0166936_193196.jpg

あたりまえに暮らしのなかにあるそれらは
100年ほどのまえの英国の家具だった。
d0166936_1932020.jpg

両親のこだわりは
いつもダイニングテーブルの脇にある
小さなマガジンラックにも表れている。


仕切りの半分には3日分の新聞。
半分にはお気に入りの雑誌。
下には読みかけの文庫本。

読みやすいように畳まれた新聞は
母の性格そのまま。
d0166936_1932060.jpg

上質なマホガニー材で仕立てられた小さな家具は
曲線が洒落ていて、持ち手の感触が柔らかくて、
丁寧に手を掛けて作られたことが伝わってくる。

このくらいの大きさなら、
私がひとり暮らしを始めても
小さな部屋で納まってくれそう。

そんな私の思いを知ってか知らずか、
母は相変わらず毎朝きっちりと新聞を畳む。
d0166936_1931928.jpg

本物のなかで育ててくれたことに感謝しながらも
心の中で密かに持ち出しをたくらんでいる
私のお気に入りの小さなアンティーク。
[PR]
by pancada | 2010-09-16 23:23 | Antique Styling
Vol.33 胡桃の木の上で・・・フレンチダイニングテーブル
美味しいもの。

ケーキ ワイン 
オイル アペリティフ 
ブランデー・・・。
d0166936_14241868.jpg


享楽的なフランス人が
食材としても
家具の素材としても好んだウォールナット・・・胡桃の木。


世界一美しいといわれるフランスの田園地帯に
その実をたわわにつけて。


20世紀初頭に作られたこのテーブル
そんな胡桃の木でできています。

英国のアールヌーボー様式のチェアと合わせて。

スポッツの表情が愛らしいアンティークグラスのシェードを下げて。

d0166936_14241650.jpg



無垢材を市松に貼り込んだ天板。
この上にはいままでどんな御馳走が並べられてきたのでしょうか?
d0166936_14241995.jpg

今日はグリーンアレンジメントとともにコーヒータイム。

d0166936_14241548.jpg


しっとりとした手触りと優しい光沢、
そしてなによりも時を経た本物だけが持つことのできる
上等な質感。
d0166936_14241788.jpg



その上に並べるだけで
料理の腕が数段あがるような気がするのは

食いしん坊のフランス人が数十年仕込んできた
このテーブルのおかげかもしれません。

d0166936_14241857.jpg

[PR]
by pancada | 2010-09-16 23:22 | Antique Styling
Vol.32 海と山とオークの木・・・コンソールテーブル&フレーム
モダンな戸建てのエントランス

外と内との境界を溶かすような
壁一面のコーナーガラス
d0166936_14295573.jpg

宙に浮いたようなその空間に
英国の古い家具を置いてみる
d0166936_1429591.jpg

英国家具で1番古い素材のイングリッシュ・オーク
使い込んだ小傷さえ味わいとなるような
本物だけが持つその風格
d0166936_14295668.jpg

上にはアンティークのフレームをガラスに立てかけて
切り取られた空間のなかには愛車のプロフィールをおさめて
d0166936_14295580.jpg

からんだ蔦の隙間には
この夏の小さな記念品をそっと並べてみる
d0166936_1430071.jpg

壁面の珪藻土はどの海底からやってきたのだろうか
脚元の大理石はどの山から切り出されたのだろうか

そしてその中間に
強い風に枝を震わせていたであろうオークの木が佇んで
d0166936_14295825.jpg

大地と海と
時間からの贈り物を受け取ったような気持ちになった
[PR]
by pancada | 2010-09-16 23:21 | Antique Styling
Vol.31 クランベリー色の宴・・・クランベリーシェード&デイニングテーブル
友人を招いての小さな宴。


ステージは美しい艶をもつ、マホガニー材のダイニングテーブル
その上に、まるで花が咲いたようなアンティークのグラスシェードを吊るして。
d0166936_98464.jpg

それは壁に絵を掛けるような、
玄関に花を活けるような、
生活に潤いをもたらす私の楽しみ。

縁にゆくほど深みを増すクランベリー色。
d0166936_98362.jpg

わずかに赤みがった透過光で
テーブルを囲う顔がいつも以上に艶やかに見えるよう。
d0166936_98463.jpg

花々からこぼれおちるあかりに照らされた宴は
ゆったりとした時間が流れる、贅沢なひととき。
d0166936_98394.jpg

[PR]
by pancada | 2010-09-16 23:20 | Antique Styling