パンカーダはアンティーク家具ショップです。
by pancada
カテゴリ
全体
Antique Styling
リビング
ダイニング
サロン
ベッドルーム
和室
小物・雑貨
未分類
パンカーダ ホームページ


最新の記事
Antique Stylin..
at 2015-12-04 09:01
Vol.49 世界の果ての泉..
at 2015-12-04 09:00
Vol.48 午後のセレナー..
at 2015-01-20 16:38
Vol.47 英国紳士のこだ..
at 2014-10-10 15:46
Vol.46 母と娘と薔薇と..
at 2013-09-15 21:05
Vol.45 月夜のお茶をふ..
at 2013-09-15 21:04
Vol.44 思慮の為の薔薇..
at 2013-08-16 19:00
Vol.43 幸せをまたひと..
at 2012-06-12 15:18
Vol.42 Heavenl..
at 2012-06-11 13:53
Vol.41 自分の続き・・..
at 2012-06-10 13:47
Vol.40 大人の距離感・..
at 2010-09-16 23:30
Vol.39 約束の場所・・..
at 2010-09-16 23:28
Vol.38 時間旅行・・・..
at 2010-09-16 23:27
Vol.37 ワインの波紋・..
at 2010-09-16 23:26
Vol.36 贅沢な悩み・・..
at 2010-09-16 23:25
Vol.35 亜麻色の家族・..
at 2010-09-16 23:24
Vol.34 私の企み・・・..
at 2010-09-16 23:23
Vol.33 胡桃の木の上で..
at 2010-09-16 23:22
Vol.32 海と山とオーク..
at 2010-09-16 23:21
Vol.31 クランベリー色..
at 2010-09-16 23:20
以前の記事
2015年 12月
2015年 01月
2014年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2012年 06月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Vol.47 英国紳士のこだわり~エスクリトワール&サロンアームチェア

ひとつの変わった家具に出逢った。
d0166936_15404163.jpg

100年以上前の英国アンティーク。

まず、フォルムが美しい。
そして次に、何のためのものだろう、と不思議に思った。

「エスクリトワールという書き物机です。
両側から使えるし、キャスター付きで移動も容易なので、
パーティのレセプションデスクとして使っていたのかもしれません。」
d0166936_15404088.jpg

アンティークショップのそんな説明に納得しつつも、
この変わった家具を自分なりに使いこなしたくなった。
d0166936_1540396.jpg

実は、自宅の広いリビングに、ちょっとひとりで
集中できる場所がほしいと、ずっと思っていた。

このエスクリトワールならば、
まるでパーティションのように作業する手元を隠してくれる。
d0166936_15404082.jpg

そして反対側は最高級の古艶をもつマホガニーのパネル。

小さなシェルフとマガジンラックまでついていて、
傍らにゆったりとしたアームチェアを置けば
まるで豪華列車オリエンタルエクスプレスのワンコーナーのようだ。
d0166936_15404156.jpg


100年前に作られたちょっと特殊な家具を今こうして使いこなしてみると
無垢マホガニーのくせに精度の高いシェルフを開け閉めする度に
恐ろしく深い杢目をもつ側面をうっとりしながら磨く度に
にじみでてくるある感情に気付く。
d0166936_15403987.jpg


それは100年前の英国紳士と、私と、そしてこの家具との不思議な連帯感。

「わかる奴にはわかるんだ」。

本物だからこそ受け継がれていく想いとこだわり。

ヨーロッパ文化の片鱗が自分の中にすとん、と落ちて
じわりと溶け込んでいくのが感じられた瞬間だった。

今夜もこの家具の傍らで本を読む。
d0166936_1059360.jpg


エスクリトワールの向こう側、100年の壁の向こう側では
ネクタイを締めた紳士がウィスキーを傾けている気配がしている。
[PR]
by pancada | 2014-10-10 15:46 | Antique Styling
<< Vol.48 午後のセレナーデ... Vol.46 母と娘と薔薇とア... >>